にきびの原因と治療

にきびは症状により黄にきび,赤にきび,白にきび,黒にきびに分類されます

にきびの種類

にきびといっても軽い炎症程度のものからクレーターやケロイド状になってしまった重いものまでいくつかの種類があります。皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴につまった状態をコメドや面皰(めんぽう)といいます。毛穴が開き毛穴につまった皮脂や垢の先が外気にふれ黒く変色しているものを黒にきびと呼び、毛穴が閉じて丘のように盛り上がっていて白色しているものを白にきびと呼びます。

黒にきびや白にきびができた状態でケアを怠ると皮脂や垢にアクネ菌がとりつき繁殖します。アクネ菌は周囲の細胞を傷つけながら繁殖していくため炎症をおこすようになり、これが赤にきびと呼ばれるものです。赤にきびになると毛穴がぷっくりと赤く腫れますが、痛みがでる場合とでない場合があります。

さらに赤にきびが悪化して化膿した状態になることを黄にきびと呼びます。黄にきびの段階になると痛みを伴いますので、絶対自分でつぶしたりしないで下さい。皮膚科に行き膿をとってもらう必要があります。黄にきびはたとえ皮膚科で治療したとしてもにきび跡が残ってしまう場合があるので、黄にきびになる前の赤にきびや、黒にきび、白にきびの段階で皮膚科に行き治療することをお薦めします。

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.