にきびの原因と治療

大人にきびの特徴と治療薬、にきび跡や色素沈着との関係を説明しています

大人にきび

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることでにきびができます。思春期のにきびはおでこや頬にできる場合が多いのですが、大人にきびはあごや口の周りを中心に発生します。あごや口の周りは男性ホルモンの影響を強く受ける場所であることから、大人にきびの原因に男性ホルモンの過剰が指摘されています。女性の身体にも男性ホルモンがあります。男性ホルモンは副腎皮質などで分泌されているのですが、ストレスなどをうけることで副腎皮質が刺激され男性ホルモンが過剰に分泌されるのではと考えられています。

大人にきびができると市販のにきび薬で治そうとする人がいますが、できるだけ皮膚科に行き治療を受けてください。大人にきびはストレスなどが原因で発生しているケースも多く、一時的によくなっても、再発する可能性があり、徐々に悪化しいきます。酷いにきび跡や色素沈着にならないよう自己流の治療は避けたほうが無難です。

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.