にきびの原因と治療

にきびが悪化した場合、治療してもにきび跡や色素沈着(シミ)が残ることがあります

にきび跡と色素沈着

白にきび黒にきびの段階で適切な治療をしていればにきび跡が悪化することはありません。 しかし治療が遅れ、赤にきびになりそこで間違った対処をするとにきび跡(アクネスカー)が残ることになります。 にきびのできた毛穴にはアクネ菌など多数の細菌が繁殖しています。私たちの身体はこれら の細菌から身を守るため、攻撃するための物質を生成します。この攻撃物質を「ヒドロキシラジカル」といい、ヒドロキシラジカルが細菌を退治してくれるのです。ヒドロキシラジカルと細菌の戦いによってできた死がいが膿となります。

ただし、このヒドロキシラジカルは細菌だけを攻撃するのではなく私たちの正常な細胞も攻撃してしまうのです。この攻撃によりにきび跡によく見られる皮膚のクレーターができてしまうのです。したがって、にきびをつぶしたり不衛生な状態にしておくと、炎症が広がり細菌がさらに増えます。細菌が増えると、それを攻撃するヒドロキシラジカルも大量に生成さるため、にきび跡のクレーターも大きくなります。ヒドロキシラジカルにより胞が破壊されてしまうため、にきび跡は治療しても治りずらいのです。また、にきび跡には色素沈着(シミ)ができます。この色素沈着(シミ)もにきびの炎症やヒドロキシラジカルによる細胞破壊によって生じるのです。

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.