にきびの原因と治療

紫外線はさまざまな肌のトラブルの原因となります。にきびも紫外線をあびることにより悪化します

紫外線

過剰な紫外線は皮膚のあらゆるトラブルの原因となります。にきびの発症にも紫外線が関係しているのです。にきびは、皮脂腺から分泌される皮脂がアクネ菌などの細菌に感染することで発症します。紫外線を浴びた肌は、水分や油分が奪われるため、それを防ごうとして角質が厚くなります。 厚くなった角質が毛穴を小さくするため皮脂がたまりやすくなりにきびができやすい肌状態 になってしまうのです。

さらに、にきびができた状態で大量の紫外線を浴びると、ヒドロキシラジカルが分泌され細胞が破壊されることにより、にきび跡や色素沈着(シミ)が残ることがあります。 できてしまった色素沈着(シミ)に紫外線が当たることにより、メラニンが生成され色素沈着(シミ)が濃くなってしまいます。

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.