ニキビのできやすい肌質と種類

自分の肌のタイプをご存知でしょうか?ニキビのできやすい肌質の場合、毎日のお手入れが必要です。

ニキビになりやすい肌

自分の肌の状態を知ることはとても重要です。その後のお手入れ方法が違ってきます。この肌質によって、ニキビができやすい人がいます。肌質を改善することも必要になってくるでしょう。ニキビ治療と併せて改善策を考えるようにします。

肌質の種類にはいくつかあります。どの肌質であっても、生活習慣やお手入れ法によっては、崩れてしまうものです。 ニキビができやすいというイメージのある肌が、オイリー肌です。確かに皮脂が過剰なため、ニキビを作りやすい環境ではあります。それでも、毛穴に皮脂を詰まらせないよう清潔にしていると、できることはありません。

逆に乾燥肌の人の場合でも、ニキビができる可能性はあります。皮脂が少ない代わりに、古い角質がそのまま残りやすい肌のためです。オイリー肌と乾燥肌が部分的に混ざっている肌が、混合肌です。同じようなお手入れではなく、皮脂の状態や乾燥状態に合わせたお手入れが必要となります。

一般的な肌質が普通肌です。肌質自体はとてもいい状態ですが、ちょっとしたことで崩れやすいという欠点があります。毎日のお手入れがとても大切です。もっとも崩れやすい肌ともいえるのが、敏感肌でしょう。ちょっとの刺激を受けただけでも、肌にはダメージとなって残ります。

にきび関連コラム

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.