にきびの原因と治療

思春期のニキビとは性質が違う、大人ニキビの原因について説明しています

大人にきびの原因

にきびは思春期の時期にできることが多いのですが、大人になってからできるニキビもあります。大人にきびと呼ばれるものです。思春期のにきびは皮脂の過剰な分泌によって皮膚や毛穴が不衛生になることで発症しますが、大人にきびはストレスによりホルモンのバランスが乱れることで発症します。社会人になれば、仕事や家庭、人間関係などで何らかのトラブルを抱えています。ストレスや睡眠不足で自律神経に乱れが生じ、ホルモンのバランスが崩れることで肌が荒れたり、にぎびができます。 もちろん、ストレスだけが大人にきびの原因ではなく、偏った食生活や自分の肌にあわない化粧品の使用などもあげられます。

大人にきびに悩んでいる人は、お肌の調子が悪い人が多いそうです。私たちの肌は一定の周期(28日)で生まれかわります。新しい細胞が皮膚の表皮に押し上げられることで、古い細胞が剥がれ落ちるのです。これをターンオーバーといいますが、このターンオーバーが乱れることで、皮脂や毛穴に角質がたまり炎症をおこすことでにきびができます。大人にきびは頬から顎にかけてのフェイスゾーン(Uゾーン)によくできるのですが、このUゾーンは、新陳代謝が悪くなりやすい箇所でもあるので、Uゾーンににきびができたら、ターンオーバーの乱れを疑ったほうがいいと思います。

にきび関連コラム

Copyright 2008-2013 にきびの原因と治療〜ニキビと上手にさよならする方法〜 All Rights Reserved.